衝撃 銚子事件とは!?日本のUFO史に残る事件


謎の金属片が街に降り注ぐ
UFOが目撃された後に、謎の金属片が採取されていたという事件が起きていた。

昭和31年に千葉県銚子市で起きていた、銚子事件である。

同年9月7日午後7時頃、千葉県の銚子一帯で謎の飛行物体が目撃されるという事件が起きた。そして、一部に謎の金属箔が降り注いだという。
この時空から降ってきた金属箔を、地元の医師である滝田氏が回収することに成功した。調子で回収された謎の金属箔は専門家による化学分析が行われることになった。

普段、こういうUFO関連の事件で発見された物質に関して、本格的に調査・分析が行われる機会は少ない。銚子にて滝田氏が回収した金属箔は長さ4~5センチ、幅1ミリ、厚さ10ミクロンという非常に細かく薄いものであったという。この金属箔は都立工業奨励館にて分光分析が行われ、主成分がアルミニウムで10%鉛が混入しているという結果が出た。アルミニウムにたいしては、0.3%硫黄の鉛は混入できないとされている。

そこで再度金属箔を分析してみると、金属の裏に薄くビニールのコーティングがなされており、その仲に黒い粒状の鉛が点在している事が判明した。
しかし分析した技師によると、鉛がビニールに混入した際には溶けて透明になってしまうはずなので、このような状態は非常に珍しいとのことであった。

この物体に関する調査は広く行われ、国内外の専門機関に調査したが正体は不明だった。果たして、調査で発見された謎の金属箔の正体は何だったのか。残念ながら、金属箔は現在滝田氏の手元にほぼ存在しておらず、すべては謎のままとなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です