タマ伸也さん推薦 ロズウェル君ヶ浜駅テーマ曲決定か!?

さて今回はUFOにまつわるこんなアルバムをご紹介しましょう。

ハリーホソノ&ワールドシャイネス
「FLYING SAUCER 1947 」
細野晴臣が2007年に発表したアルバム。

1947年は細野さんの誕生年なんですが、同時にUFOマニアでは欠かすことの出来ない「ロズウェル事件」が起こった年でもあるのです。
君ヶ浜駅がネーミングライツでロズウェル駅名称が変更になりましたが、この駅には是非にこのアルバムが毎日ながれるのが好ましいでしょう。
このCDはUFOにまつわる曲を中心に、その頃のアメリカの元風景を再現しようとした全編1940~1950年代のカントリーミュージックな作品。
公開時に細野晴臣さんが足繁く通ったという映画「未知との遭遇」のメインテーマもカントリー風に演奏しています。

コミックバンド・ポカスカジャンをやっている僕からすると、このセンスは冗談音楽の手法でもあります。
ワールド・シャイネス(徳武弘文、高田漣、伊賀航、コシミハル、浜口茂外也)を従えての制作。
オリジナルのほか、洋楽カヴァーや森高千里、坂本冬美への提供曲のリメイクなども収録されています。
テクノやヒップホップをカントリー&ウェスタンにアレンジした曲や、ミッキー・カーチスやUAとのデュエットもあり。他にも忌野清志郎ら豪華ゲストに迎えた『空飛ぶ円盤飛来60周年記念プロジェクト』最終章を飾るアルバム。

UFOマニアのみなさんなら既にご存知かと思いますが、聴いたことない方がいたら是非。細野晴臣さん、実はかなりのUFOマニアなのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です